強がなければ用は果たせない、強と用がなければ美は形だけのもの、そして、美がなければ建築とは言えない。

木質構造建築物で忘れがちな「構造(強)」をデザインすることで、使いやすさ(用)と美しさを兼ね備えた「建築物」を提案します。

個人の方へ 業者の方へ

お知らせ

ツイッター

楽しく分かる!木構造入門 最高に楽しい木構造入門 M'sBlogブログ Hum'sBlogブログ